始業

 芝村舞は熊本電鉄バスから降り立った。すぐ目の前には女子校の正門が見える。
「着いたぞ。ここが尚敬高校だ。」
 (準備はいいか。これからが勝負だ、芝村舞。)
 内なる声に舞は頷いた。
「無論だ。行くぞ。」
 (その前に――)
「なんだ。」
 (ひとつはっきりさせておくことがある。)
「言うがいい。」
 (この校門をくぐったが最後、君は芝村舞であって芝村舞ではない。)
 舞は訝しげに片眉をつり上げた。
「なんだそれは。」
 (つまり、今までの自分は捨てろ、ということだ。)
 舞は腕を組み合わせた。
「言っている意味がよく分からぬ。」
 (すぐに分かる。さあ行こうか、芝村舞。)

 舞とOVERSの2人羽織的学園生活が始まった。


クラスメイト

 5121小隊。それが舞の所属部隊。彼女のクラスは1組である。
 朝のHRで一通りのクラスメイトの自己紹介が終わった。やはり『芝村』は周囲の評判が悪い。
「嫌われるのも我らの役目だ。」
 昼休み。周りからの遠巻きの視線を意に介した風もない舞だった。
 (今までならそれで通すのもいいが、これからはそうはいかない。さあ動こうか、芝村舞。)
「なにをしろというのだ。」
 (クラスメイト達に話しかける。)
「なぜそのようなことをせねばならぬ。」
 (彼らと仲良くなるために決まっている。)
「だから、なぜ仲良くならねばならんのだっ。」
 (仲良くなり提案コマンドをもらうためだ。君の持っている提案コマンドだけではこの先どうしようもない。)
 舞の自前提案コマンド。たずねる。指図する。喧嘩を仕掛ける。友好的社交的からはほど遠い。
「うむむ‥‥しかし、仲良くなるとはどうすればいいのだ。」
 (まずは話すことだ。最初に彼に声をかけてみるといい。)
 舞は振り返った。速水厚志がいる。
「あやつか?」
 (そう、彼だ。速水厚志は他のクラスメイト達と違って芝村に偏見を持っていない。最初から友好的だ。)
「了解した。」
 舞は重い腰を上げ、そのぽややんな少年に話しかけた。
「何か困ったことがあったら言ってね。何も出来ないかもしれないけど、一緒に悩むことくらいなら出来るよ。」
 確かに速水は友好的だった。
 速水との会話を終えた舞は再び自席の椅子に座り込んだ。
「友好関係を築いたぞ。これで文句はなかろう。しかし、速水はいいヤツのようだな。」
 好感度が上がったのは舞も同様のようである。
 (彼にはよく感謝することだ。君の発言力と能力パラメータが元から高いのは彼のおかげなのだから。)
「そうなのか?」
 (そうだ。ついでに金の延べ棒が君の持ち物に入っているのも彼のおかげだ。)  舞はなぜ自分の所持品の中に金の延べ棒があるのかと、不思議に思ったことを思い出した。
 (金の延べ棒はあとで裏マーケットで換金するとして、いつまで座り込んでいる。どんどん話しかけていけ、芝村舞。)
「まだ続けるのか?」
 (もちろんだ。クラスメイトとの友好関係を築く。これがすべての第一歩だ。今日中に隣の2組も含めて全員に話しかけることだ。)
「全員だと!?芝村ともあろう者がへらへら愛想を振りまいて歩かねばならんとは‥‥」
 (だから言っただろう。今までの自分は捨ててもらうと。)
「あの男には見せられない姿だな‥‥」
 (これも世界を救うためだ。)
「愛想を振りまくことが、世界を救うことに繋がるとは到底思えぬがな。」
 (大いに繋がるとも。これが不思議なことに。)
 舞は重い足取りでクラスメイト達に歩み寄った。


10円玉

 (森精華。2組の3番機担当整備員。)
「彼女とはすでに話したぞ。私は愛想無しを自負しているが、森も相当なものだ。」
 (彼女とは早めに仲良くなれ。森精華は提案コマンド『一緒に仕事しない?』を持っている。これを手に入れることだ。)
「一緒に仕事だと?人に手伝ってもらわずとも、自分の部署のことは自分で出来る。」
 (初期の段階なら君一人の力でも部署評価を上げていけるが、いずれそれも頭打ちになる。誰かと一緒に仕事をする方がずっと効率的だ。仕事をした相手の友情度も上がるから一石二鳥でもある。)
「なるほどな。しかし肝心の森を見失ったぞ。ハンガー二階にもいない。」
 (誰かに尋ねてみるといい。そこの彼にでも。)
 茜大介が舞の横を通り過ぎて行った。
「そういえばヤツにはまだ声をかけていなかったな。ちょうどいい。」
 舞は茜を呼び止めた。
「馴れ馴れしく呼びかけないでほしいな。この薄汚れたクズめ。」
 返って来た茜の言葉に、舞の片眉がピクッと痙攣した。
「誰かに相手してほしいなら野良犬にでも話しかけてなよ。」
「なんだと貴様‥‥」
 (怒るな、芝村舞。)
「(怒るなだと!?これほどあからさまに侮辱されているというのに、怒る以外に私の取るべき態度があるかっ!)」
 (侮辱されたと気付いていないフリを装うんだ。ここで怒ると発言力が減ることになる。)
「(ぐぬぬぬ‥‥っ)」
 舞は大きく深呼吸して無理矢理怒りを押さえ込んだ。そして、茜の今の言葉が理解出来ないというような、きょとんとした表情を作った。
「かわいそうに。けなされているのも分からないなんてね。」
 茜は、哀れな君に恵んでやるよ、と言って10円玉を舞に渡して去って行った。
「‥‥一つ提案がある。私の所持品の金の延べ棒であの半ズボン小僧の脳天をカチ割ってもいいか。」
 (ダメ。死者を出すと今後に響く。)
「そうか。残念だ。」
 舞は10円玉を握りしめた。硬貨はワッフルのように折れ曲がった。


焼きそばパン

 その日1日、舞は学友達に声をかけまくった。そして陽が沈み月が昇り、また陽が昇り始めるまで仕事を続けた。
「‥‥いくら体力気力ともにSランクとはいえ疲れた。今は何時だ?」
 (早朝の5時半だ。)
「思わずめまいを覚えそうな時間だな。さすがにだら〜っとした雰囲気になっている。」
 (買っておいた焼きそばパンを食べるといい。それを食べ終わったら帰るとしよう。)
「今から自宅に着いてもほぼトンボ帰りだろうがな。これだけ無茶な仕事をしても焼きそばパン一つで押し通せるのだからOVERSの力とは大したものだ‥‥‥‥」
 (どうした、芝村舞。)
「いや、確かにこれなら世界を救うことが出来るかもしれぬと思ってな。」
 (世界を救うのは当然だが、それは二次的な結果でもある。OVERSの真の目的は違う。)
「なんだと?それはどういうことだ。」
 (ハッピーエンド。)
「ハッピーエンド‥‥?」
 (ハッピーエンドをもぎ取れ、芝村舞。誰も死なず不幸せにならないエンディングを迎えることだ。)
「‥‥ハッピーエンドか。」
 (本来物語というものは、めでたしめでたしで終わるのが一番だ。)
 舞は残った焼きそばパンを口に頬張り飲み下すと、すくっと立ち上がった。
「まかせるがいい。」
 (君なら出来る、芝村舞。では帰ろう。今日もまた忙しくなる。クラスメイト達との友好をもっと深めなければならない。)
「またそれか‥‥」
 舞の意気込みは瞬時に衰えた。
 (提案コマンドがまだ一つももらえていないだろう。出撃命令が下るまでに環境を整えておくことだ。)
「了解した。見ているがいい。これから私は八方美人を貫くことにする!」
 (その意気だ、芝村舞。あとでHRが始まる前に裏マーケットに寄るとしよう。)
「金の延べ棒の換金をするのだな。」
 (そうだ。そしてふりふりエプロンを買う。)
「‥‥‥‥‥‥それを私が持つのか?」
 (もちろんだ。)


カダヤと私

 舞は精力的に愛想を振りまき、着実にクラスメイト達との友好関係を築いていった。徐々に提案コマンドも集まり始めた。
 (男子とは顔見知り程度になったらあとはかまわなくていい。)
「皆と友好を深めるのではなかったのか?」
 (女子だけでいい。複数の男子と仲が良くなりすぎるとやっかいなことが起きる。)
「なんだそれは。」
 (争奪戦。発言力は減る、雰囲気は悪くなるでいいことなしの現象だ。避けるに限る。)
「了解した。」
 舞は少しホッとした。小隊の全員と友好を深めるには、想像以上の労力がいることに気付き始めていたからだ。
 (それでどうする。君のカダヤは誰にする、芝村舞。)
「!!??」
 (男子と付き合うなとは言っていない。一人に限れば問題はない。)
「なっ‥‥そっ‥‥たっ‥‥!」
 (ナソタ、などというキャラはいない、芝村舞。)
「(なにをそのようなたわけたことを言っている!?真面目にやれ!)」
 (もちろん大真面目だ。これは非常に重要な問題だ。早めに決定しておく必要がある。)
 舞は酸欠の金魚のように口をぱくぱくさせた。言葉にならないらしい。
 (意見を言わせてもらうなら速水厚志が適任だろう。しかしこればかりは押しつける訳にもいかない。君の意志を尊重する。)
「わたっ、私はっ、だがっ、しかしっ。」
 その時舞は視線を感じた。そろそろと振り返ると、速水がぼんやりとこちらを見ている。
「みっ、見るなっ!たわけが!」
 舞は怒ったフリをした。
 (速水厚志で決定か。)


発言力

「私だ。我が従兄殿。用件を言うぞ。」
 舞は芝村準竜師に陳情した。内容は昇進である。
 (これで明日には君は十翼長だ、芝村舞。)
「十翼長か。今はまだ発言力もそれほど高くはないからこの程度でガマンするしかないな。」
 (発言力を貯めていけばさらなる昇進もいずれ可能になる。まずは発言力を貯めることだ。昇進以外でもこれからどんどん必要になる。)
「出撃の機会が発言力の稼ぎ時だ。そろそろ命令が下ってもいい頃だと思うが。」
 と舞が言ったほぼ同じタイミングでサイレンが鳴り響いた。幻獣出現と小隊の出撃を報せる警報である。
 (来たぞ、芝村舞。)
「行くぞ!」
 舞と速水の同乗する士魂号3番機の初陣。その日の舞の戦果は幻獣15体。
 戦闘後、舞はハンガーに格納された3番機を見上げていた。
「今日の戦果は及第スレスレといったところか。」
「撃破数15体で及第スレスレ?24体撃破のうちの15体なのに。」
 舞の隣に速水がやって来た。
 (友軍機に9体ももっていかれたか。)
「私がミサイルで一掃しようとしたところへ曲射砲支援だ。まったく、やってくれる。‥‥あやつら、邪魔だな。」
「友軍を邪魔者扱いするの?」
 速水はのんきに笑った。
 (異動を陳情だ、芝村舞。)
「(私に3番機パイロットを降りろというのか?)」
 (君の異動ではない。加藤祭を異動させる。彼女は指揮車運転手兼事務官だ。彼女のポストが空けば司令は戦場へ出られない。当然、司令権限の航空支援も行えない。)
「理にかなっているな。明日早速陳情するとしよう。」
「なに?なんの陳情?」
「独り言だ。気にするな。私は帰る。」
「それじゃ僕も。」
 舞はすざっと身を引いた。
「なっ、なんだと!?お前は私と一緒に帰ると言うのか!?」
「え?一緒に帰ったらダメなの?」
「あ、いや、別にダメという訳ではないが、だが、しかし。」
「じゃあ途中まで一緒に帰ろ。そうだ、お腹空かない?味のれん寄って行こうか。まだ開いてるかな。」
 速水は自分の荷物を持つとすたすたと歩き出した。
「こら待てっ、速水!私は一緒に帰ることは承諾したが、寄り道に付き合うとは言っておらぬ!」
 (行ってくればいい、芝村舞。彼は君のカダヤだ。)
「やかましい!予定は未定だ!」
 舞は悪態をつきながら、顔を真っ赤にして速水のあとを追いかけた。


告白

 初めての戦闘が終わって数日後の昼休み。舞と速水はプレハブ校舎屋上で2人で昼食をとっていた。ちなみに誘ったのは舞である。
 速水はサンドイッチ、舞は手作り弁当を食べている。
「速水、お前はなぜここで昼食を食べているのだ。」
「は?」
 唐突な質問に、速水はサンドイッチを口に運ぶ手を止めて舞を見た。
「だって芝村が一緒にお昼しようって提案してきたんじゃないか。」
「それはそうだがそうではなくて、なぜ私の提案を受けたのかと聞いている。昨日も一昨日も、なぜだ!?」
 提案を受け入れて問い詰められるとは思っていなかった速水は、ぽかんとして舞を見返した。
「なんでそんなこと訊くのさ?」
「質問しているのは私だ!」
 怒鳴られた速水は目を丸くした。
 (冷静に、芝村舞。)
「あっ、いや‥‥なにも私などと一緒に昼食をとらずとも、お前ならば他にたくさん相手はいるだろう。不思議に思ったから訊いてみただけだ。‥‥すまぬ。今の質問は忘れるがいい。」
 沈黙が流れた。気まずい雰囲気になるかと思われた時、速水はにっこりと笑った。
「芝村と一緒にいるのは楽しいよ。誘ってくれて嬉しかった。」
 舞は体温が2、3度跳ね上がったような気がした。そして雰囲気はピンク色へと変わった。
「(こっ、これは‥‥!)」
 (Hな雰囲気。おめでとう、芝村舞。)
「(めでたいことなのかっ、これが!?)」
 舞の心拍数、脈拍、体温ともにロケット打ち上げのような勢いで急上昇した。
 ふいに舞は、今までに感じたことのない激しい衝動にかられた。
「(私は今、猛烈に成し遂げたいことが出来た。)」
 (その内容は大体想像がつく。)
「(私は‥‥速水に告白をしたい!)」
 (そうか、芝村舞。しかししばらく待っていれば、一両日中には速水厚志の方から告白をしてくるはずだ。告白を受けるか、告白するか。君の好きなようにするといい。)
「(待ちの戦法は好みではない。先手必勝だ!)」
 (君の行動を支持しよう、芝村舞。)
「速水!」
 舞は左右の手にそれぞれ箸と弁当箱を持ったまま、腰掛けていたパイプ椅子が倒れそうなほどの勢いで立ち上がった。速水が思わず身を引く。
「な、なに?」
「お前がどうしても言うのなら、私は一緒にいてやらぬこともない!どうだ!」
「どうって‥‥」
「いいのか、悪いのか、どっちだ!?」
 (さすがだ、芝村舞。これを告白と受け取れる者が果たして世界に何人いるかは疑問だが。)
「えっと‥‥うん。はい。YES。」
 速水は顔を赤らめながら頷いた。
 (通じているとはさすがだ、速水厚志。)
「よ‥‥よしっ!今からお前は私のカダヤだ!」
「カダヤ‥‥ってなに?」
「おっ、お前はそんなことも分からんのか!今まで何を聞いていた!もういいっ!話は終わりだ!昼食を続ける!」
 舞はパイプ椅子に荒々しく座り直すと、猛然と弁当をかっこんだ。
 (なにはともあれおめでとう、芝村舞。)

 舞と速水は恋人関係になった。


守護者

 速水がWCOPを授与された日の放課後、舞と速水は一緒に仕事をしていた。
「どうも君は、僕が一番気付きたくなかった僕自身に気付かせてくれるね。」
 舞は仕事する手を休めて速水を見た。
「今まで僕は、自分のことをお人好しで家事の好きなのんびり屋だと思っていたけど、どうやらそうじゃなかったみたいだ。確かにお人好しで家事が好きなのんびり屋だけど、ただそれだけって訳じゃないらしい。」
 速水は小さく笑った。その笑顔がほんの少し悲しそうに見えたのは見間違いではないと舞は思った。
「今から僕はこの国の守護者を名乗るんだけど、君は笑うかい?」
 舞の前にいる速水はいつもと違っていた。ぽややんな雰囲気はどこへやら、不思議な威厳と風格を醸し出していた。
「なぜ私が笑うのだ。なにもおかしいことはない。当然のことだろう。」
 舞はそんな速水の変化に戸惑う風もなく、普段と変わらぬ口調で答えた。
「思っていたとおりの返事で嬉しいよ。」
 舞と速水は再び仕事に戻った。
 (青の厚志が目醒めたか。)
「(‥‥ハッピーエンドだ。)」
 (どうした、芝村舞。)
「(私達が目指すのはハッピーエンドだな。世界を救うのはそのついでだ。)」
 (そのとおりだ、芝村舞。)
「(私はこの世界にハッピーエンドをもたらすと決めた。必ず、成し遂げてみせる。)」
 (君なら出来る、芝村舞。)
「その言葉を信じよう。」
「ん?何か言った?」
 速水はいつもの速水に戻っていた。
「空腹になった、と言ったのだ。」
「クッキー焼いてきたんだけど、食べる?」


異動

 速水は自ら陳情し司令に異動した。舞に守護者宣言をした翌日のことだった。
「行動が素早いことは認める。だが‥‥」
 舞はハンガー一階掲示板の小隊配置表をベリリッと剥ぎ取った。
「3番機パイロットの乗員は2名だ!速水が異動して搭乗者は私のみ!これでは出撃不可ではないか!後先考えない阿呆だ、あやつは!」
 配置表をクシャクシャに丸めると、振りかぶって投げた。紙クズは見事10m離れたゴミ箱にホールインワンした。1番機を整備していた遠坂、田代らから拍手が上がる。
「せめて後がまの用意くらいしていかぬか、大たわけがっ。」
 舞は足音も荒くハンガーを出た。
 (許してやれ、芝村舞。いずれ彼を司令への異動させるつもりだった。その分の発言力が浮いたと思えばいい。)
「ふむ‥‥速水を司令へというのは私も考えていた。しかし差し当たっては早く新しい3番機パイロットを決めなければならないな。誰が良いだろうか。」
 (壬生屋未央ではどうだ。)
「壬生屋か。しかしそれでは1番機が空くことになるぞ。」
 (君に援軍は不要だ。)
「確かにな。獲物を奪われることも減るだろう。おまけに3番機に同乗すればあやつの自殺同然の特攻も防げる。よし、壬生屋でいくことにする。早速陳情に――」
 舞が小隊長室へ足を向けかけた時、
「101v1、101v1、各兵員は只今の時刻をもって全作業を放棄、速やかに教室に集合。繰り返す――」
「なっ、にーーーっ!?」
 (遅かったようだ、芝村舞。)
 小隊に出撃命令が下った。しかし舞の3番機は搭乗者1名不在で戦列に加わることは出来なかった。
 その日の戦闘は引き分けに終わった。
「まったく‥‥」
 その夜、舞はプレハブ校舎屋上にいた。戦闘のすぐあとということもあって、まだ校内には多くの学兵達が残っていた。
「1番機故障、ウォードレス1体廃棄、友軍死者2名。それでも我が小隊から戦死者が出なかっただけ不幸中の幸いと言えよう。」
 (奇跡的だ、芝村舞。)
「それもこれもあのヌケ作のせいだっ。よくも私の出撃回数まで減らしてくれたな!おのれーっ、速水ーっ!」
 舞は夜空に向かって吠えた。


プログラム

 ゼエゼエと息を切らしながら、舞は校舎裏にいた田辺真紀に声をかけた。
「たっ、たずねたいことがある。新井木はどこだ?」
「あ、はいっ。えーと、多分尚敬高ロビーだと思います。」
「かっ、感謝する。」
 舞はよろよろと走り出した。
「新井木め、さっき石津に訊いた時はプレハブ校舎前にいたはずなのに、もうそんなところまで移動したのかっ。」
 (新井木勇美は足が速い。)
「ヤツはマッハ星人に違いないぞ。その証拠に私は新井木が歩いている姿を見たことがないっ。」
 (彼女に追いつくのは無理だ、芝村舞。新井木勇美はあきらめたらどうだ。)
「今校内にいて一緒に仕事をしていないのはあやつだけだ。逃す訳にはいかない。‥‥が、さすがに疲れたっ。」
 次々と移動する新井木を追って走り詰めだった舞は、尚敬高玄関前の噴水のへりに座り込んだ。
 (やはり超常能力がないと不便だ。)
「そうだな。プログラムを組むとするか。幸い手元にはすでにテレパスセルとテレポートパスがある。しかしなぜ毎朝起きると、私の枕元にプログラムの類が置いてあるのだ。最近のサンタクロースは年中無休なのか。」
 (OVERSからのささやかなプレゼントだ、芝村舞。)
「それならついでにネットワークセルもつけてくれればよかろう。テレパスセルやテレポートパスは単独では役に立たぬ。」
 (それは仕方がない。なにしろランダムでしか出せないのだから。)
 舞は整備員詰め所へ向かった。コンピュータの前に座り、プログラム作成作業に入る。
 舞はネットワークセルを手に入れた。
「よし、完成だ。ではまずテレパスで新井木の居場所を――な、なんだ?」
 椅子から立ち上がろうとした舞は、足に力が入らずよろけて膝をついた。途方もない虚脱感と疲労感に見舞われた。
 (体力気力ともに1になっている。その状態ではもう仕事は無理だ、芝村舞。)
「‥‥しまった、私としたことが。プログラムを組むのは半日がかりだったな。しかも空腹状態で作業をしたのが響いたようだ。うかつだった。」
 (今日のところは自宅に戻るしかない。)
「仕方がないな。‥‥ハッ、待て!こんなヨレヨレ状態では明日の登校に支障をきたすのではないか!?」
 (そうだろうな。救急箱を所持していないのだから、明日は休むことになる。)
「‥‥一生の不覚だ。貴重な1日をムダにすることになるとは。」
 舞がやっとの思いで立ち上がった時、詰め所に石津萌が入って来た。
「‥‥まだ‥‥いた‥‥の。‥‥顔色‥‥が悪い‥‥わ。だい‥‥じょう‥‥ぶ‥‥?」
「心配は無用だ。疲れているだけ‥‥ん?」
 舞は何気なく使った『見る』コマンドで、石津が救急箱を所持していることに気付いた。
「石津!一つ提案があるのだ!」
 舞は自分のカロリー計算セルと石津の救急箱を交換した。


転戦

「302v1、302v1、各兵員は只今の時刻をもって全作業を放棄、速やかに教室に集合。繰り返す――」
 今まさに昼食を始めるところだった舞は、弁当のフタにかけた手を止めた。
「ウソやろ〜?また出撃かいなっ。」
「オー、これで2日連続ですネ。」
「ゆっくり弁当を食うヒマもないな。」
 一緒にお昼をするはずだった加藤、ヨーコ、若宮は広げかけた各自の弁当箱を片付け始めた。
「仕方ないよ。今は激戦区にいるんだから。」
 一緒にお昼の提案をした速水は、ニコニコと笑いながら取り出していた箸を箸箱に戻した。
「その激戦区に転戦願いを出してるんは誰やっちゅうねん。」
 加藤は皮肉ったが、速水司令はまったくこたえていない。
 その日の出撃の舞の撃破数は9体。さらに敵からの集中砲火を浴びたため、機体故障というオマケ付きだった。
 (危うくこちらが撃破されるところだった。)
「仕方あるまい。このところの連戦で機体整備も何もかも不十分の状態での出撃だったのだからな。」
 (その上現在の小隊守備地区は阿蘇戦区特別地域。相手にしているのはスキュラやミノタウロスなどばかりともなれば無理もない。)
「見込んだとおり速水は激戦区好きな司令だ。しかし、出撃回数が増えるのはいいがこうも連日ではな。ともかく泣き言を言っていても始まらぬ。一刻も早くベストの機体状態にするために今晩は徹夜、明日も授業返上で仕事に励まねば。」
 (頑張れ、芝村舞。夜食の用意を忘れずに。)
 翌日も舞は登校早々、2組教室にいた森に一緒に仕事を提案し、士魂号3番機の整備調整に当たった。
「派手に壊れてますよね。これじゃ機体性能を元の評価に戻すだけでも骨が折れます。」
「お前の手腕に期待する。」
「はいはい。でもこれってホントに廃棄の一歩手前だわ。」
 森と一緒に仕事を始めて2時間後――
「302v1、302v1――」
 舞は危うく手に持っていたレンチを取り落としそうになった。
「ウソっ、3日連続ですか!?まだ故障は全然直ってないのに!」
 森は仰天して修理箇所から顔を上げた。
「180秒で出撃準備――」
 出撃を命じる無情の放送がハンガー内に響いた。
 (‥‥とにかく死ぬな、芝村舞。)
 その日の出撃の舞の戦果は撃破数12体。壬生屋と共に生還したものの、3番機は修理不能とされ予備機体と交換されることになった。
 舞は廃棄処分となった3番機が運び出される様子を、離れた場所から壬生屋と並んで見ていた。
「フッ‥‥一時はSランク評価まで受けた機体が今やスクラップか。」
「戦闘においては破壊されたり故障したりは仕方のないことです。でも機体は交換すれば済みます。私達が無事に戦場から戻って来られただけでもよしとしましょう。」
 壬生屋は慰めるように言った。
「お前の言っていることは正論だ。しかし‥‥」
「2人とも今日はお疲れ様。」
 速水が向こうから歩いて来た。
「3番機、廃棄処分になったんだって?残念だったね。」
「そうだな。」
「機体は乗り換えれば済むよ。それよりパイロットが2人とも無事でよかった。あ、そうだ。明日から八代戦区に転戦になるから。あそこなら出てくる幻獣も阿蘇特別地域ほど強力じゃないと思うよ。ただ、数は圧倒的に多いから出撃回数は増えるだろうけどね。それじゃ、まだ仕事が残ってるからまたね。」
 速水は小隊隊長室に向かって走って行った。
「‥‥‥‥‥‥」
 (出撃回数が増えるそうだ。よかったな、芝村舞。)
「(フッ、上等だ。‥‥おのれっ、速水ーっ!)」
 (それは八つ当たりだ、芝村舞。)


手作り勲章

 累積撃破数が75体を超えたため、舞は黄金剣突撃勲章を獲得した。
「悪運しぶとく戦場で生き残ったお前に、この安っぽいメダルを渡すことになるとはなんとも嬉しい限りだな。」
 授与式で舞の胸に勲章をつけながら芝村準竜師は言った。
「‥‥‥‥」
 舞が黙っていると、準竜師は大口を開けて笑った。
「がははははっ!これほど人を誉めるのは久しぶりだぞ。」
「我が従兄殿、ひとつ言ってもいいか。」
「なんだ。」
「そのセリフは前のシルバーソードの授与式でも聞いたぞ。式典の原稿がマンネリ化しているようだな。」
「‥‥以上だ。」
 勲章授与式はつつがなく終了した。
 放課後、誰もいない教室に戻ると、舞の机の上に何か小さな物が置かれていた。
「なんだこれは。」
 (手作り勲章だ、芝村舞。)
「手作り勲章?確かにいかにも人の手で作られたというような不細工な代物だな。しかも作ったヤツはあまり工作が得意ではないようだ。」
 (見かけは問題ではない。この勲章には君を好いている者達の気持ちが込められている。)
 舞はその不格好な勲章を手に取った。手にずしりと重いような気がした。
「‥‥そうだな。これをもらえるということは、きっと名誉なことに違いない。」
 舞は胸の黄金剣突撃勲章を外し、手作り勲章をつけた。
 突然、パンパンパーンッ!と何かが弾ける音がした。
「おめでとう、舞!」
「舞ちゃん、おめでとうなのよ!」
「おっ、おめでとうございます、芝村さん!」
 教室の入り口から、速水、ののみ、田辺、壬生屋、森、石津、加藤らがなだれ込んで来た。手に手にクラッカーを持っている。
 (落ち着け、芝村舞。狙撃ではない。)
 机の陰に逃げ込んでいた舞はそっと顔をのぞかせた。
「お前達か!なんだ、この騒ぎは!?てっきり撃たれたのかと思ったぞ!」
「舞を驚かせようと思ってみんなで隠れて待ってたんだよ。」
「パーッとハデにお祝いしよってことになってん。いろいろ飲みもん食いもん買うてきたんやでっ。」
「実はお祝いにかこつけて、パーティーを開く口実が欲しかっただけともいいますけどね。」
 速水と加藤と森は、早速買い出ししてきた食料を机の上に広げ始めた。 「でもたまにはこういうこともよろしいと思います。毎日訓練と仕事だけでは殺伐としてしまいますものね。」
「そっ、そうですよね。息抜きは必要ですよね。おかけで今日の夕ご飯一食分が浮きそうだし‥‥あ、なんでもないですっ。」
 壬生屋と田辺は人数分の紙コップにジュースを注いだ。
「みんな‥‥で‥‥こうやって‥‥集まっ‥‥て騒ぐ‥‥の‥‥は楽しい‥‥から‥‥好き‥‥だわ。」
 石津は紙コップを舞に差し出しながら恥ずかしそうに俯いた。
「えらいくんしょーもらったんだってね〜。すごいね、まいちゃん。――あっ。」
 ののみは舞の胸元を見て嬉しそうな笑顔を浮かべた。
「な、なんだ?‥‥あっ!」
 舞は慌てて胸の手作り勲章を手で隠した。
「それ、ののみたちからのプレゼントなの。まいちゃん気にいってくれたんだ。うれしいなあ。」
「いやっ、これはだなっ、ここに置いてあったからついというか、思わずというか、つまりっ。」
 舞はあたふたと手をパタパタ動かした。
 (ここは素直に礼を言えばいい、芝村舞。)
「‥‥‥‥‥‥皆の者、かっ、感謝する。」
 舞は顔を真っ赤にして言った。




INDEX NEXT